腰痛について

医学的見解骨性疼痛(とうつう)、神経根性疼痛、椎間板(ついかんばん)性疼痛、筋・筋(きん)膜性(まくせい)疼痛(とうつう)などに分けられます。

骨性疼痛:腰部にあたる脊椎や骨盤などの骨に障害があっておこる腰痛をいいます。神経根性疼痛:腰部の脊椎と脊椎の間にある孔から出ている神経が圧迫されるためにおこる腰痛をいいます。坐骨神経痛や脊柱管狭窄症などが含まれます。
椎間板性疼痛:脊椎と脊椎の間に挟まっていて、クッションの働きをしている椎間板に障害が存在するためにおこる腰痛をいいます。腰椎ヘルニアなどがあります。
筋・筋膜性疼痛:脊椎は周囲を取り巻いている筋肉によってしっかりと支えられています。この筋肉に障害が加わっておこる腰痛をいいます。

長い時間おなじ姿勢をしていて腰部の筋肉が疲労したり、大きな力が腰部の筋肉・筋膜を傷めることでおきます。また上記には分類されないものがあります。

慢性腰痛:腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症や坐骨神経痛になる可能性があり、レントゲンにてとくに大きな問題が見つからないばあいは慢性腰痛とされます。急激な腰痛に見舞われることから一般にギックリ腰と呼ばれる急性の腰痛もあります。

楽我院・バランス研究所の見解

腰痛について
腰痛の方に共通に観察されることがあります。

それは、両足でたった際、左右の足に均等に体重をかけることができなくなっているということです。慢性腰痛、急性腰痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、ヒザの問題、神経痛などの症状に共通して観察されます。

全身のバランス調整(重心調整)が効果的に作用します。

<対策法>

少食。軽度であれば、ゆっくりストレッチ。
四つん這いで這う。(少々痛くても)こまめに動く。

<危険>

内蔵の影響から腰痛になるケースもあります。
「おかしい」と感じたら安易に考えず、病院の検査を受けましょう。

<別要素>

頭の緊張、目の疲れ、極度の疲れ蓄積
お薬の服用などの影響が色濃く現れること
もあります。

<誤解>

骨盤ベルトをしていれば大丈夫というのは禁物。
骨盤体の自然な動きを妨げ、腰部全体の弱体化がすすむこともあります。
骨盤ベルトが不要になるのが理想的です。

<来院の目安>

朝起きての腰痛は疲労が蓄積しています。
朝の腰痛が3日つづいたら来院のサインです。


脊柱管狭窄症

画像診断などの映像をご覧になって、直りにくいと頭の中で勝手に考えてしまう方が多いようです。
男性に多く、カラダに極端に大きなアンバランスが続いているのが特徴です。

カラダのアンバランスが修正されると背部から腰にかけての負担が減り、血流がよくなり、カラダが動かしやすくなります

臀部の筋肉が戻ってくると回復のスピードが増します。

ぎっくり腰について

急性期には安静が大切です。といってもなかなか難しい。

患部に熱感を感じる時は、軽く冷やす(アイスをタオルで包むなど・・)


<自分でできる対策法>
少食。軽度であれば、ゆっくりストレッチ。
四つん這いで這う。(少々痛くても)こまめに動く。
<危険>
内蔵の影響から腰痛になるケースもあります。
「おかしい」と感じたら安易に考えず、病院の検査を受けましょう。

<別要素>
頭の緊張、目の疲れ、極度の疲れ蓄積
お薬の服用などの影響が腰痛にあらわれること
もあります。


<重症目安>
上体が斜めに歪んでいる、くしゃみができない、階段が苦しい、下半身に腫れがある、これらは重症です。
自己判断せず専門家の治療を受けましょう。

<危険>
痛みがあるか確かめようと負荷のかかる姿勢をしたり、腰の筋肉を伸ばしたりすると爆弾はどんどん大きくなります。
痛覚を刺激しない生活を一時心がけましょう。

<来院目安>
痛みは自然とおさまるケースがおおいようです。
その際、通常の生活に近づいたら、放置せず専門家の施術を受け、歪みを正しておくことをお勧めします。

痛みが激しいときは神経が興奮状態にあり、痛みが落ちつくのに時間がかかることもあります。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム