自律神経について

医学的見解
※自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

 慢性的な疲労、だるさ、肩こり、腰痛、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感などさまざまな形として現れます。

※精神的な症状としては

 イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなど症状はいろいろあります。

◎あなたは大丈夫?自律神経失調症チェック表

⇒該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。
◇めまいや耳鳴りのするときが多い。
◇または立ちくらみをよく起こす。
◇胸が締め付けられる感じがする。
◇または胸がザワザワする感じが時々ある。
◇心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
◇息苦しくなるときがある。
◇夏でも手足か冷えるときがある。
◇胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
◇よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
◇肩こりや腰痛がなかなか治らない。
◇手足がダルイ時が多い。
◇顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
◇朝、起きる時に疲労を感じる。
◇気候の変化に弱い。
◇やけにまぶしく感じる時がある。
◇寝ても寝ても寝たりない。
◇怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
◇風邪でもないのに咳がよく出る。
◇食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

チェック目安
 0-1個 
 自律神経に狂いはなさそうです。

 2-3個
 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。

 4-6個
 自律神経失調症になりかけているかもしれません。

 7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

※自律神経失調症になるとなぜ様々な症状か出るのか
 自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。
 最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。
 ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意がひつようです。

※自律神経失調症の原因
 自律神経のバランスが乱れるのには、いろいろな原因が複雑にからみあっていると言われています。
★生活のリズムの乱れ
 スマホやパソコンによる夜更かし、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、自然のリズムから離れた社会環境やライフスタイルが自律神経の不安定を引き起こします。
★過度なストレス
 仕事の条件、環境による社会的ストレス、人間関係、精神的なストレスなど過剰なストレスが知らぬ間に蓄積してくると自律神経のバランスを失調しやすくなります。
★ストレスに弱い体質
 子供の頃から吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な方もいます。
★ストレスに弱い性格
 ノーと言えない、感情処理が不得手、自分を抑える癖がある、人の評価を気にしすぎる、人間関係で傷ついた経験が尾を引いている、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある方も自律神経失調症に陥りやすいタイプといえます。
★環境の変化
 便利なコンビニの進化、スマホやパソコンによる便利で高度に情報化された社会生活は、肉体を使う時間より脳を刺激する時間が長くなります。
 こうした生活は私たちの環境に適応しようとする能力を低下させがちです。それにより自律神経の不調に陥る傾向が強くなります。
★女性ホルモンの影響
 女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけます。この変化が自律神経の働きに大きな影響を与えるケースもあります。

自律神経について楽我院の見解

楽我院の見解どうして多くの人が「自律神経の不調」に悩むことになるのでしょう。
それは、私たちを取り囲む環境の変化が大きく作用しているからです。

1、希薄な人間関係、
2、リストラや過酷な仕事条件などによる疲弊。
3、長引く不況による心理的、肉体的なストレス
4、精神的なストレス
5、PM2.5や花粉、ハウスダストに代表される、物理的な環境因子。
6、スマートホンやネット社会における溢れるほどの情報。
7、夜遅くまでスマートホンなどを見ることによる夜型の生活リズム
8、電磁波の影響
9、コンビニ食に代表される添加物の多い食事

まだまだあるかもしれません。
そうした毎日の中で、
ひ)寝ても寝ても疲れが全然抜けない。朝らつらい。
ふ)食欲がわかない。(あるいは逆に食欲が止まらない)
み)緊張が解けず、眠りが浅い
よ)休日を楽しむことができず、家でじっとしている

などということになってきたら要注意!
そんな状況をあなたは「しょうがない」とガマンしていませんか?

確かに「ガマン」が必要なときもあります。

しかし、我慢し続けても身体に負荷が・・・・
ひょっとしたらあなたは、
栄養ドリンクを飲んだりしたかもしれません。
⇒ビタミン剤、コーヒー、アルコールなどを摂ったりしたかもしれません。
湿布を貼ったりしたかもしれません。
⇒友人と温泉につかったり、気分転換にレジャーや自然に触れたりしたかもしれません。
しかし、それで根本的な解決につながったでしょうか。

確かに「リフレッシュ」は出来たかもしれません。

しかし、普段の日常に戻るとすぐにまた元のスッキリしない状態になってはいなかったでしょうか。

※実はそれではあなたの辛い症状は改善できないのです。
なぜなら、あなたの辛い症状は身体の歪みが原因>で引き起こしている可能性が高いからです。
「自律神経の不調」は身体の歪みがその根本的な原因になって起きている場合が多いのです。

当院では自律神経の改善に特化した施術をおこなっております。
「自律神経の不調」を回復させるには
「骨盤」「脊柱」「頭蓋骨」「内蔵」「気のめぐり」を正していくことであるとわかっています。

これらをサポートしてゆくことで『自律神経の不調』は改善できます。

『整体』によって身体の歪みを正すことによって、自律神経の不調を改善することは可能です。

※あなたの症状は「整体」によって改善することができるのです。

あなたの体力、回復力の限界を迎える前に、整体で元気な体を取り戻しましょう。

わたしが考える「自律神経の不調」の原因は4つ
1、精神的ストレス
(人間関係、過酷な仕事の条件)
2、身体の構造的な不安定
(骨盤、脊柱、頭蓋骨、内蔵などの機能不全による自律神経の乱れ)
3、外環境的な要素
(PM2.5、花粉、気温、気圧、季節の変わり目
4、科学的な要素
(食品添加物、電磁波、放射線)

4つに分類する意味をわかりやすく説明すると、「自律神経の不調」の原因は一般に精神的ストレスであると言われています。
それは間違いのないことです。
けれども、同じストレスの条件であっても、自律神経の不調の現れ方や程度は人によって異なります。
また同じ人でも、他の条件次第で現れ方はまったく異なってきます。


ハナコさん30代(職業事務系)の自律神経の不調が表れる閾値(限界点)を仮に「10」とします。
ある時、「身体の構造的な不安定」の要素が「6」
外環境の要素が「1」
科学的な要素が「2」であるとします。
この時点では自律神経の不調要素の合計は「9」です。閾値(私たちが自覚できる限界点)以下ですから自覚的には自律神経の不調は感じません。

そこに精神的ストレスの要素が「2」加算されると「11」となりの閾値の「10」を超えて「自律神経の不調」を自覚するようになります。

※精神的ストレスは自覚しやすい傾向にあり、世間でもさかんにアナウンスされていますので意識されやすい。
それに比べると「身体の構造的な不安定は」激しい痛みでもない限りなかなか自覚しづらいのが実情です。

別のたとえでご説明しましょう
私たちが一日に使うエネルギーの総量を100と仮定します。
「構造的な不安定」があり不安定な身体をうまく使いこなすために無意識に浪費されているエネルギー量が60あるとします。(通常このエネルギー量は自覚されることはありません)
そうすると残りの40のエネルギーで他のこと(外環境、科学的環境、精神的ストレス、意識活動(仕事、プライベート))を行う計算になります。

これではエネルギーが慢性的に不足し、自律神経にまで不調が及ぶことになるのです。
整体で身体の状態を整えることで、知らぬ間に浪費していたエネルギーを、他のことに使うことができるようになります。
それが恒常性をつかさどる自然治癒力に回されることで症状が改善してゆくことになるのです。

自然治癒力の現れ方に個人差があるのは体の中の歪(ひずみ)具合によることが大きいのです。

施術の刺激量、強度について

施術に刺激を求める方もいらっしゃいます。
どうして強い刺激をもとめるのでしょうか。

強さを求めるのは、それでも「届かない何か」を感じるからではないでしょうか。
一方で身体はどのような反応を示すでしょうか?

「辛い慢性の肩こりや腰痛などは、ちょっとやそっとのことでは治らない。」
「ならばさらに大きな力が有効ではないか?」

一そう考えるのはもっともです。

身体にはさまざまな防衛本能も備わっています。
最初は有効だと感じた治療が、だんだん効かなくなってくる。ということを経験された方もいらっしゃるでしょう。これも、施術という外からの刺激にたいして防衛的な反応が体に起ることで現れる現象なのです。

その時はスカットして治った気分になっていても、強い刺激から身を守る防衛本能が働いてしまうのです。
外からの強い刺激は体の中や内臓、細胞レベルの深いところまで影響が及びにくいものなのです。

小さい刺激でも適切にコントロールされると身体の中では大きな影響を及ぼすことが可能です。
初め小さなドミノがだんだんに大きなドミノを倒す映像をごらんになってください。
ホーム画面をご参照ください。
初め小さなドミノが次々と大きなドミノを倒してゆきます。

カラダの恒常性(治癒力)を活用するには身体の中の歪みが小さいことが肝要です。

※ 自然治癒力もまた力の一種である以上エネルギーの伝達と見なすことができるからです。
身体の歪みを少なくするほど、力(科学的、化学反応)、エネルギーの伝達がスムーズに行われます。

施術の間隔について

身体に良い状態を体に教え込み、回復しやすい身体の土台を作るためにも、初回から3、4回は間をおかず施術することをオススメしています。

すると身体にそなわっている恒常性(治癒力)の発動が盛んになります。この恒常性(治癒力)が素晴らしくデザインされたあなたの身体の症状を改善するのです。

「自律神経の不調(慢性の肩こりや頭痛も含む)」に気づく(自覚される)までにはすでに時間が経過しているケースも多く見受けられます。
そのため知らずしらす負担が長期にわたりかかり続け、結果体力や恒常性(治癒力)までも低下しているケースが見うけられます。(ご本人の自覚はありません)

自律神経の不調を改善してゆくには身体の歪から神経の働きまで段階を追って、あなたの体力、恒常性(治癒力)などを観察しながらすすめてまいります。

一時的な回復ではなく、心身ともに元気に安心して過ごしていただくことを全力でサポートすることがわたしの方針です

施術は3、4ヶ月から半年程にわたるケースもあります。
※ もちろん「試しに一回受けてみたい」ということでも大丈夫です。

※今現在もあなたの身体の中には恒常性(自然治癒力)はたらいています。
この偉大な力があなたの症状を直してゆきます。(私はその手助けに全力を注ぐに過ぎません)

このことをご理解いただけると回復がスムーズにおこります。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム