ぎっくり腰について

急性期には安静が大切です。といってもなかなか難しい。

患部に熱感を感じる時は、軽く冷やす(アイスをタオルで包むなど・・)


<自分でできる対策法>
少食。軽度であれば、ゆっくりストレッチ。
四つん這いで這う。(少々痛くても)こまめに動く。
<危険>
内蔵の影響から腰痛になるケースもあります。
「おかしい」と感じたら安易に考えず、病院の検査を受けましょう。

<別要素>
頭の緊張、目の疲れ、極度の疲れ蓄積
お薬の服用などの影響が腰痛にあらわれること
もあります。


<重症目安>
上体が斜めに歪んでいる、くしゃみができない、階段が苦しい、下半身に腫れがある、これらは重症です。
自己判断せず専門家の治療を受けましょう。

<危険>
痛みがあるか確かめようと負荷のかかる姿勢をしたり、腰の筋肉を伸ばしたりすると爆弾はどんどん大きくなります。
痛覚を刺激しない生活を一時心がけましょう。

<来院目安>
痛みは自然とおさまるケースがおおいようです。
その際、通常の生活に近づいたら、放置せず専門家の施術を受け、歪みを正しておくことをお勧めします。

痛みが激しいときは神経が興奮状態にあり、痛みが落ちつくのに時間がかかることもあります。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム