首の症状

医学的見解寝ちがい、頚椎後縦靭帯骨化症などがあります。

寝違い:朝起きたとき、首の左右か後ろ側のいずれかが痛み、ちょっと動かしても激痛が起こり、首を動かせなる状態。
不自然な姿勢で寝ていた翌日などにおこります。
睡眠中には筋肉が緩むので、頭を不自然な姿勢にしていると首の一部の筋肉が過度に引き伸ばされておこると考えられています。
湿布などで安静にします。

頸椎後縦靭帯骨化症:脊椎の後ろには後十字靭帯が縦にはしっていますが、頚椎の後十字靭帯が次第に骨化すことで手足に傷みやしびれがおこる状態です。
頸椎カラーや牽引で頸椎の動きを制限し安静にすごします。
おさまらない場合は手術をします。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム