牽引療法

腰痛やムチ打ちなど首の症状の改善目的でも行われる方法です。

直接もしくは間接的に牽引力を作用させて、局所の安静・整復・固定や疼痛の軽減を図る治療法です。骨折・関節疾患・椎間板障害、脊椎症や椎間板ヘルニアなどに用います。

牽引療法の歴史は古く、古代ギリシャの医者、ヒポクラテス(紀元前460年頃~紀元前377年頃:諸説あり)が骨折や脱臼の整復に用いたと記録があります。
牽引療法を部位別で分類すると、四肢牽引療法、脊椎牽引療法の2種があります。

脊椎牽引療法の効果としては

椎間関節周囲軟部組織の伸張
椎間板、椎間関節の軽度の変形、変位の矯正
椎間関節の離開、免荷
椎間孔の拡大化
攣縮筋の弛緩

などを期待しておこなわれます。

マッサージ的効果による循環改善・促進などを期待して行われています。

※ 古来から体を牽引する療法は世界各地に存在し、その流れが取り入れられているようです。機械的に牽引するのではなく、体の状態を詳細にモニターしながら行うと効果も違ってくることでしょう。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム