湿布療法

腰痛や肩こり、筋肉痛などにも症状の軽減を目的に行われる方法です。

病院でもらう「湿布」の他に、ヒマシ油を使うやり方やこんにゃくを使って行うものなどものあります。

これも世界各地で伝統的に身の回りにあるものを使って行われてきたようです。

炎症など局部的に高くなった体温を冷ますことを目的にしたり、湿布に使われるものが皮膚を通して実際に体に浸透することを目的にしたものもあります。
皮膚を通して浸透したものはそこで生体内における科学的作用を期待しておこなうものであります。

※皮膚を通して湿布につかわれているものが体に浸透します。
以前「経皮毒」ということが注目されたことがありました。
皮膚から入るものは口から入る食べ物とは違って肝臓など解毒してくれる器官を通過しないため知らない間に体内に蓄積される恐れがあり、注意を要するというものでした。

自然のものは繰り返し使っても問題は少ないでしょう。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム