ネガティブは悪くない

ためていたTV録画を見ていると「ネガティブは悪くない」という結論になりました。

その理由、フィギュアスケートの高橋大輔さん。

日本男子フィギュアスケートの元第一人者。

日本男子フィギュアスケート初めてのオリンピックメダリスト。

彼曰く、「自分は超ネガティブ」

「そのおかげで、ジャンプに失敗しても『そら、そんなこともあるよな、人間機械じゃないんだし』という程度で気持ちはひどく落ち込むことはない」という。

「気持ちは押し込まないけれどジャンプに失敗すると疲れるんです。

これが、絶対いける!ってポジティブだったら、失敗したときものすごくへこむでしょう」と。


 なるほどね。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム