自律神経について

自律神経について

自律神経について

医学的見解

自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。慢性的な疲労、だるさ、肩こり、腰痛、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感などさまざまな形として現れます。

精神的な症状としては、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなど症状はいろいろあります。

◎あなたは大丈夫?自律神経失調症チェック表

⇒該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

  • めまいや耳鳴りのするときが多い。
  • または立ちくらみをよく起こす。
  • 胸が締め付けられる感じがする。
  • または胸がザワザワする感じが時々ある。
  • 心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
  • 息苦しくなるときがある。
  • 夏でも手足か冷えるときがある。
  • 胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
  • よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
  • 手足がダルイ時が多い。
  • 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
  • 朝、起きる時に疲労を感じる。
  • 気候の変化に弱い。
  • やけにまぶしく感じる時がある。
  • 寝ても寝ても寝たりない。
  • 怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
  • 風邪でもないのに咳がよく出る。
  • 食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

チェック目安

  • 0-1個
    自律神経に狂いはなさそうです。
  • 2-3個
    自律神経に負担が掛かっているかもしれません。
  • 4-6個
    自律神経失調症になりかけているかもしれません。
  • 7個以上
    すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

※自律神経失調症になるとなぜ様々な症状か出るのか

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。

最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意がひつようです。

※自律神経失調症の原因

自律神経のバランスが乱れるのには、いろいろな原因が複雑にからみあっていると言われています。

  • 生活のリズムの乱れ
    スマホやパソコンによる夜更かし、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、自然のリズムから離れた社会環境やライフスタイルが自律神経の不安定を引き起こします。
  • 過度なストレス
    仕事の条件、環境による社会的ストレス、人間関係、精神的なストレスなど過剰なストレスが知らぬ間に蓄積してくると自律神経のバランスを失調しやすくなります。
  • ストレスに弱い体質
    子供の頃から吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な方もいます。
  • ストレスに弱い性格
    ノーと言えない、感情処理が不得手、自分を抑える癖がある、人の評価を気にしすぎる、人間関係で傷ついた経験が尾を引いている、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある方も自律神経失調症に陥りやすいタイプといえます。
  • 環境の変化
    便利なコンビニの進化、スマホやパソコンによる便利で高度に情報化された社会生活は、肉体を使う時間より脳を刺激する時間が長くなります。こうした生活は私たちの環境に適応しようとする能力を低下させがちです。それにより自律神経の不調に陥る傾向が強くなります。
  • 女性ホルモンの影響
    女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけます。この変化が自律神経の働きに大きな影響を与えるケースもあります。

自律神経について楽我院の見解

自律神経失調症というものが「実在」しているという認識、は誤解です。

・多くの疾病がそうであるように、自律神経失調症という実体が存在するのではなく、不快症状を演繹的(たくさん集めて)袋に入れ、そのたくさん入った袋に、皆さん多くの人が納得しやすいように説明につけた「仮の名前」であるということです。(こんなことを書くと怒られそうですが)

・重要なコトは、本当は実在しないものに、仮に付けた名前である。ということ。そして名前がつけられ、人々によってたくさん呼ばれるようになると、不思議と実在するように感じられる、ということ。
・それが私たちの認知のおもしろいところでもあります。

・実は自分自身とその実在しない病名とを結びつけることで、無意識に改善しにくくしているケースが多いのです。

・それでも、症状の改善への道をわかりやすく感じる手立てはあります。

・まずは、言葉の意味から。自律神経とは自律ですから、私たちの意志とは関係なく働く神経であることがわかります。

・どうして自律なのか。 理由はよくわかりません。(自律ですからあたりまえです。植物神経と呼ばれた時代もあります)

・植物も虫などから葉を食べられると、危険信号が植物内に伝達される、という研究報告があります。より高等な人間には、遥かに精妙な体内のメカニズムが働いていて当然でしょう。

・おそらく地球という環境の中で生命が生まれ、長いながい時間を経ながら現在までたどり着いた。その長い時間を使って今現在のメカニズムができ、それは完成され、止まったわけでなく、変化は今このときも続いている。

・はじめは単純な細胞から次第に複雑な細胞、それから特定の機能を備えた器官、生物へと進化したと考えられてます。次第に高等な役割を担うも器官も整い、あるとき水中から陸に上がったとされています。

・陸上にあがった後も、終わることなき変化をつづけ、その時代、時代の環境の変化に適応しながら進化をつづけたと考えられています。

・さまざまな地球上の生物の中で、人間は大脳(思考する新しい脳)が大きく進化し、意識活動を盛んにすることが可能となりました。しかし自律神経はそれとは違う脳、大脳(思考するあたらしい脳)ではない、もっと原始的な脳が大きく関わっていることが知られています。

・それでは、自律神経失調症と呼ばれるモノの、具体的な困ることを挙げてみます。

  • 今までとは違う変化。(体のだるさ、疲れ、重み、発汗、緊張、気力がない・・)それが、ひどくなるのではないか(という不安)。
  • 加齢に伴いさらに悪化する、(のではないか)という不安。
  • さらなる別の症状が増える、(のではないかという不安。
  • 自分自身がそれまでとは違ったものになる不安。
  • 目的の喪失。(体調に注意をとられることで疲れる、ふつうにふるまうことの困難)。

※不安とは未来における恐怖です。今、体調がすぐれないと、未来という時間における推論が無意識に否定に固定されてしまうのです。

・次にどうして従来のさまざまな手立て虚しく、自律神経失調症と呼ばれるモノで
苦しむ人が増えているのでしょう。

・神経の働きを整えるお薬、漢方薬、運動、呼吸法、瞑想、どれも一定の効果をあげてはいますが
対処療法の枠組から抜け出せていないようです。

・対処療法とは、とりあえず表に現れる苦痛、症状を抑えましょう。根本的に改善されるかどうかはさておいて。という意味合いですから当然かもしれません。根本的改善とは役割が違うのです。

・全体としてひとつの生命を機能させ、目的に向かわせる命の働きを盛んにしているわけではないのが対処療法です。

・マイナスをゼロまでするのが対処療法のゴールです。いわば目的。

・楽我院・バランス研究所のゴール、目的はマイナスをゼロにではなく、プラスにすることです。そのプラスのエネルギーであなたの人生の目的を目指してほしいと強く思っています。

・そのための準備を日々進化させています。

・楽我院・バランス研究所の施術のすすめ方、内容を文書により説明することは正直難しいです。

・これまでの多くの体験から、たいへん個人差も大きく、体力、年齢、考え方のフレームなど考慮なければならない要素が多く、誤解される恐れもあるからです。

・これさえやれば大丈夫的な、シンプルな法則は存在しない。というのが正直なところです。

・ですから、ご本人の状態を現在と過去まで含め、できるだけモニターしながら、重要な要素を加味しいながら進める必要があると実感しています。

・共通する点はあります。

・不調、不快は生命のリズムが「なんかおかしい!!」と叫んでいる状態。それには、まず実際に外環境を知ることです。

・外環境とは、私たちのまわりすべてになります。その重要度は人によって当然異なってきます。私たちの住む地球の環境の変化(大気、水、化学物質・・・)、社会の変化(学校、地域、効率社会、雇用形態、)、コンピューター(パソコン、スマホ、タブレット・・)の普及。

・ここは広げすぎると限がありませんが、そのような世界に生きているという事実を認識することです。(原因が分からないではなく、多すぎるということ)

・症状を抑える対処療法的思考から、環境(ここでは体の外と内側両面という意味合い)を認識し、理解し、働きかける。

・ガマン、気晴らし、気分転換すればよい、というレベルの話ではない例をたくさん見てきました。

・自分自身と環境を理解し、そのパフォーマンスを向上すること。その過程で症状が改善してゆきます。あなたをバージョンアップさせることです。

私が大切だと考える
カギ3つ。

・生きる目的を持つこと。(体調回復ではなく、その後何をしたいのか、)
・骨格、筋肉、内臓のアンバランスを正す。
・神経、気、経絡、脳のバランスを正す。

・原因を絞り込むことを止め、自分の望ましい未来に思考を向けることです。

・原因は過去にあり、望ましい未来はこれから私たちの目の前に現れるからです。私の経験と研究を生かし望ましい未来を強力にサポートいたします。

・原因はひとつではなく、たくさんある。やれることがないのではなく、やるべきことがたくさんある。ということです。

(原因はどうでもよい、という話ではありません。
方向性が違うと望む結果から遠ざかってしまうのです。対処すべきことは対処し、あくまで志向するのは未来。とご理解ください。)

Menu