肩の症状

医学的見解変形性頚椎症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎(五十肩)、テニス肘などがありあます。

変形性頚椎症:加齢による脊椎の変形がおこり、それに伴い肩こりや首の痛み、左右どちらかの肩、腕に放散する痛みがでます。
頸肩腕症候群:パソコン操作などキーパンチャーに多い症状で、一部の筋肉のみを酷使(こくし)することで疲労が蓄積し、短時間の休息では回復しなくなった状態をいいます。
肩関節周囲炎(五十肩):老化に伴う関節の周囲組織が変化して炎症が生じることでおこります。また、回旋腱板に石灰がたまることがあり、この場合は石灰沈着性腱炎と呼ばれ治癒まで時間がかかります。
テニス肘(上腕骨外顆炎):(じょうわんこつがいかえん)上腕骨の外顆(肘の外側)という手首や指を曲げ延ばしする筋肉が付着する部分に使いすぎによる疲労が蓄積して起こる痛みです。主にテニスやバドミントンのバックハンドによって回旋筋を使うことのよって引き起こされます。

首の症状

医学的見解寝ちがい、頚椎後縦靭帯骨化症などがあります。

寝違い:朝起きたとき、首の左右か後ろ側のいずれかが痛み、ちょっと動かしても激痛が起こり、首を動かせなる状態。
不自然な姿勢で寝ていた翌日などにおこります。
睡眠中には筋肉が緩むので、頭を不自然な姿勢にしていると首の一部の筋肉が過度に引き伸ばされておこると考えられています。
湿布などで安静にします。

頸椎後縦靭帯骨化症:脊椎の後ろには後十字靭帯が縦にはしっていますが、頚椎の後十字靭帯が次第に骨化すことで手足に傷みやしびれがおこる状態です。
頸椎カラーや牽引で頸椎の動きを制限し安静にすごします。
おさまらない場合は手術をします。

楽我院・バランス研究所の見解

首の症状肩の症状

鎮痛剤は副作用も強くおすすめできません。
頭痛の大半は頚椎を改善することで消失します。
高血圧の作用で肩や首の後ろが張ったりもします。

肩、首の緊張は下半身の不安定に起因しているケースも多いです。
しつこい頭痛や肩、首の症状は肩周辺のみならず、カラダ全体のバランス化が重要です。

最近はパソコンやスマホの使用により、脳の緊張が続いているケースも多い。
就寝前のパソコン、スマホを控えるのも質の良い睡眠、もちろん肩こりや頭痛にも
効果的です。


<自分でできる対策法>
眼のアイシング、壁立て伏せ、腹筋背筋、ウォーキングなどの運動。


<危険>
高血圧と肩こりが併発しているとプッツンする確率が急激に高まるそうです。
しっかりケアするよう心がけましょう。

<別要素>
精神的ストレスによって頭痛、首・肩こりが起きる事もあります。これらの対策としても運動は有効ですが,各自なりのストレス発散をして下さい。

<誤解>
首を回す体操をすると余計首を痛め症状を悪化させます。その代わりに頭を前後左右にゆっくり曲げ首の筋肉を伸ばすストレッチにすると良いでしょう。

<来院の目安>
アイシングをしても楽にならない。
肩こりが頭痛になったら来院の目安です

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム