風邪の過ごし方

インフルエンザの流行がちらほら聞かれます。

欧米ではインフルエンザの予防接種は一般的ではなく、風邪は養生しうまく経過させればよいという考え方のようです。日本の常識は特殊ともいえます。この辺りは野口整体の考え方(風邪は経過させればよい)の方が身体の回復にはよいと感じます。
風邪もうまく経過させると、それ以前より確実に元気になれます。

日本の場合、無意識に集団意識が強く働いているのでしょうか、迷惑をかけてはいけない、というメンタリティーが強いので、かえって風邪を長引かせたり体調不良の原因になっているケースも多いのです。

風邪は大きくなった身体の歪みを修正する重要な働きがあるのです。

では、お子さんなどがいらっしゃる場合、風邪で病院に連れていくかの基準は?
ひとつは「目つき」がおかしいと感じるとき。もう一つは「唇の色が赤い色から紫に色」になったとき。

日ごろからお子さんや家族の状態をよく見ていることが重要です。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

お問合せフォーム